ブルーライトをカットするメガネ、エレコムが発売

エレコムが、LED液晶画面が発するブルーライトを約50%低減するメガネ「OG-FBLP」シリーズを発売します。

予想価格は2,980円です。

ブルーライトカットメガネ

ブルーライトとは?

ブルーライトとは、目の網膜まで届く波長380~495nmの青色光のことです。

最近急増したLED液晶が多くのブルーライトを発するようです。

疲れ目の原因や、睡眠のリズムを崩すなどの弊害があります。

パソコンよりスマホの方が危険?

LED液晶以外にも、スマートフォンやゲーム機などの液晶にもLEDが使われており、中でもスマホがより多くのブルーライトを発しているようです。

山中伸弥京都大教授

話が脱線しているかもしれませんが、山中伸弥京都大教授がiPS細胞(人工多能性幹細胞)の研究でノーベル医学・生理学賞を受賞しました。

おめでとうございます^^

なぜこの話題を取り上げたかというと、ブルーライトが原因で加齢黄斑変性になる可能性があるからです。

これは、失明の原因ともなる怖い病気です。

しかし、近年iPS細胞の研究が進んでおり、その中でも加齢黄斑変性の研究は進んでいますので、もしブルーライトが加齢黄斑変性の原因となっても未来には治療法が見つかっている可能性はあります。

でも、現段階ではまだ仮定の話なので、病気にならないように気を付けたほうがいいと思います。

目を大事にしよう

現代人にとってパソコンなどは必要不可欠な存在になっているので、まったく使用しないというのは無理だと思います。

今回のメガネのように負担を軽減してくれるものを使用したり、適度な休憩を織り交ぜて目を大事にしていく必要がありそうです。

エレコム、液晶画面が発するブルーライトを50%カットするメガネを4モデル

~引用元:マイナビニュース~

このエントリーをはてなブックマークに追加

PR



こちらの記事もおすすめです!!


カテゴリー: 国内ニュース   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク