Windows8・64ビットのDSP版を購入しインストールしました

Windows8・64ビットのDSP版を購入しました。

Windows8

インストールも無事成功しました。

マシンは、CPU Core i7 920、メモリ Corsair TR3X3G1333C9、マザーボード ASUS P6T Deluxe、グラフィックボード ELSA GLADIAC 998 GTX Plus V2 512MBのような構成です。

数世代前の自作機です。

DSP版とは?

DSP版とは自作パソコン用に安価に購入できるOSです。サポートがつかないなどのデメリットもあります。

今まではOS単体での購入はできず、自作パソコンパーツとのセット購入でしか買うことができませんでした。

しかし、Windows8からは、単体での購入が可能になりました。

Windows8レビュー

Windows8はマウスとキーボードで操作しています。あまりマウス・キーボードでの操作性の評判がよくないようですが、自分的にはそれほど苦にならないと思っています。

「Windows 8 スタイル」になったとはいえ、まだデスクトップで作業することは多いです。

現時点では、ソフトウェアが対応してないものも多々あり、アプリもあまり充実していない印象です。

あと、POP3のメールが使えないのがビックリしました。

ので、今はデスクトップでWindows Live メールを使用してしのいでいる状況です。

まとめ

ちょっと乗り換えるのが早かったかなという気はします。

しかし、やはり新しいOSになるのは気分がいいです。

Windows8は短命になるのでは?といううわさもありますがこれからいろいろと様子を見ていこうと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PR



こちらの記事もおすすめです!!


カテゴリー: OS   タグ: , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク