Windows8のリボンの表示・非表示の設定方法

Windows8では、Office2007で採用された「リボンUI」が、「エクスプローラー」「ワードパッド」「ペイント」に搭載されています。

今回は、リボンの表示・非表示の設定方法を紹介します。

Windows8でエクスプローラを開いて、下の写真のまるで囲ってあるボタンをクリックしてみましょう。

リボン

すると、下の写真のまるで囲った部分が表示されます。これがリボンです。

リボン2

リボンを利用することで、ファイルのコピーや表示の切り替えなどの操作が手軽に行えます。

非表示にするときは、表示の時と同じボタンをクリックすることで非表示にすることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PR



こちらの記事もおすすめです!!


カテゴリー: OS   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク