任天堂がスマートフォンビジネス参入を思案中?

任天堂は、ビジネスモデルの転換を考えていることを語った。

日本のゲーム業界の巨人は、スマートフォンでのゲームの販売を考えているようだ。

モバイル市場参入に消極的な任天堂

長年、任天堂はモバイル市場への参入を拒んでいた。

そのためユーザーは、任天堂の看板タイトルのマリオ・ゼルダ・ポケモンなどのゲームは、任天堂のゲーム機でしか遊ぶことができなかった。

任天堂の岩田聡社長は、同社は現在スマートデバイスをゲームプレイヤービジネスを成長させるために使用する方法を検討しているが、マリオをスマートフォンでプレイできるようにすることは単純な話ではないと注意している。

まとめ

任天堂は苦しい状況に立たされているようです。

ついこの間、Wii Uの不振が伝えられたばかりです。

ITmedia ニュース:任天堂、最終赤字250億円に転落 Wii U不振が深刻、当初目標の3分の1以下・280万台に

任天堂のビジネスは、マリオやゼルダ、ポケモンなど魅力的なキャラクターが登場するゲームが看板になっていて、それらのゲームは、WiiやDSなど任天堂のゲーム機でしか遊ぶことができません。それを利用して、ハード・ソフトの相乗効果で売り上げを押し上げる方法をとっています。

もし、スマートフォンでそれらのゲームを遊ぶことができたら、任天堂のゲーム機を買う必要性がなくなってしまいます。

かといって、不振に陥っている今の状況を改善するには、大きくビジネスモデルを転換する必要があります。そこで出てきたのが、スマートフォンビジネスへの参入の話です。

任天堂にとって苦渋の選択を取らなければならない状況に追い込まれており、それが最終的に吉と出るか凶と出るかは誰にもわかりません。

Nintendo considering new smart-device business model

~引用元:fudzilla~

このエントリーをはてなブックマークに追加

PR



こちらの記事もおすすめです!!


カテゴリー: ゲーム, スマートフォン   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク