パソコンゲームがおすすめできない4つの理由

昔はよくパソコンゲームを買ってプレイしていましたが、よく考えてみるとパソコンゲームはあまりおすすめできません。

その4つの理由を紹介します。

パソコンゲームについて

ここで言うパソコンゲームとは、パッケージ販売やダウンロード販売されているもののことです。

自作パソコンを始めたきっかけでもあったパソコンのゲームを、昔はよく買ってプレイしていました。

好きだったソフトは、エイジオブエンパイアやシムシティなどです。

「ただゲームをするよりパソコンでするほうがちょっとは勉強になるかも」とか、「シュミレーションゲームが好きだったため、面白そうなゲームがいっぱいある」などの理由でパソコンゲームを始めました。

しかし、プレイステーションなどの家庭用ゲーム機とは異なり、ゲームをするのも一苦労でした。

お勧めできない理由1:グラフィック能力の高いパソコンが必要

今の店頭で売っているパソコンの事情があまりわかっていないのですが(もうずっとメーカー製のパソコンを買っていないので・・・)、当時買ったばかりのパソコンでパソコンゲームをしようとしてもまともに動きませんでした。

理由は、新品のパソコンにもかかわらず、貧弱なグラフィック能力が原因でした。

なので、パソコンゲームをするには、自作パソコンかBTOパソコンが必須でした。

お勧めできない理由2:ソフトが高い

昔に比べたらだいぶ安くなりましたが、家庭用ゲーム機のゲームに比べて割高だと思います。

お勧めできない理由3:ゲームが動かない

使っているパソコンによってはうまく動作しません。

パソコンのパワーが足りなくて動作が重い場合や、使っているハードウェアやドライバによっては全く動作しない場合もあります。

グラフィックドライバを新しいものに変えたり、ゲームのパッチをあてることで動作する場合もありますが、下手したら新品ゲームを1度もプレイできずゴミ箱行きの可能性があります。

お勧めできない理由4:ソフトが売れない

動かないソフトを売ろうとすると、今度は、売れるところが少ないです。

買い取ってくれる店を探さなければいけないし、もし、買い取ってくれる店があったとしても、家庭用ゲーム機のゲームと比べたら、かなり安くでしか売れません。

需要が少ないからしょうがないのかもしれません。

まとめ

僕は基本的にパソコンゲームが好きです。

ただ、昔知り合いの人にも言われたのですが、ゲームをやるならプレイステーションなどのほうがいいのかもしれません。

パソコンでゲームをすると、必要以上にお金がかかったり、不具合を自分で直すスキルなども必要となってきます。

自分でトラブルを解決する根性があるならば、パソコンゲームは面白いかもしれませんが、万人にはおすすめできない気がします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PR



こちらの記事もおすすめです!!


カテゴリー: BTOパソコン, PCゲーム   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク