自作PCで1番長く使えるパーツはなに?

自作パソコンは、古いパーツを流用できるのもメリットの1つです。

僕が、1番長く使えたパーツを紹介します。

キーボード

壊れやすいパーツ

よく壊れるといわれるのが、ハードディスクだと思います。

確かに僕も、何台かダメになった記憶があります。

今は使わないと思いますが、フロッピードライブも適当に壊れました。

光学ドライブは、動くけど読み込みが悪いなどの不具合が出てきたりします。

壊れにくいパーツ

個人的な意見なので違う場合もあると思いますが、CPUとかマザーボード、メモリ辺りの中心パーツは意外と長いこと使えてます。

サブマシンとして、今でも10年前のパーツが元気に動いています。

一時的にオーバークロックなどもためして、負担をかけたりしましたが平気みたいです。

これを言うと身もふたもない気がしますが、ケースは自分が文句を言わなければずーっと使えそうです。

そして、他の記事でも書きましたが、自作パーツと呼べるかわかりませんが、一番長持ちしたのがキーボードでした。

でも、その他にも未だに、CRTディスプレイもサブマシン用として使用していますし、それぞれのパーツが結構壊れないと実感しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PR



こちらの記事もおすすめです!!


カテゴリー: 周辺機器   パーマリンク