【PR】Inateck社製Bluetoothスピーカー「BP2002」のレビュー

Inateck製品のレビュー第2弾は、Bluetoothスピーカー「BP2002」のレビューです。

Bluetoothスピーカーとは?

Bluetoothスピーカーは、スマートフォンやタブレットの普及とともに、注目度上昇中の話題のアイテムです。

スマートフォンに入っている曲を、手軽に本格的なサウンドで楽しみたいと思ったことはありませんか?

特に、近頃は音楽聴き放題のサービスの普及が急速に進んでいるので、そう思った人はたくさんいると思います。

そんな願いをかなえてくれるアイテムが、Bluetoothスピーカーです。

開封してみました

開封してみました。

Bluetoothスピーカー

まず箱を開けてみると、かっこいい赤色のケーブルが目に飛び込んできました。

Bluetoothスピーカー2

中には、本体のスピーカー、ケーブル類、取扱説明書が入っていました。

Bluetoothスピーカー3

これが、InateckさんのBluetoothスピーカー「BP2002」です。赤い色を基調にしたデザインがかっこいいーーー!!

Bluetoothスピーカー4

接続方法(iPod touch編)

接続方法の紹介です。今回は、iPod touchで接続する方法を紹介します。まずは、スピーカーの裏側を見てみましょう。

電源のスイッチがあります。

そのスイッチを、3秒間ほど押したままにします。

Bluetoothスピーカー5

すると、スピーカーの全面のライトが、点滅した状態になります。

Bluetoothスピーカー6

次に、iPod touchの設定をします。「設定」アプリを起動すると、次のような画面が出てきますので、「Bluetooth」を選択します。

Bluetoothスピーカー7

次に、出てきた画面でBluetoothを「ON」にします。

Bluetoothスピーカー8

そうすると、下のデバイスの選択画面に「Inateck MarsBox」という表示が出るので、そのデバイスを選択します。

Bluetoothスピーカー9

下の画面のように、接続済みと表示されれば接続完了です。

Bluetoothスピーカー10

細かい配慮

使ってみると、iOS機器で接続した場合、右上のiPhoneのバッテリー表示のとなりにあるBluetoothアイコンの横に、スピーカーの残りのバッテリー残量が表示されているところに気付きました。

手軽に、バッテリー残量を知ることができとても便利だと思いました。

Bluetoothスピーカー12

まとめ

一番のメリットは、モバイル機器などのサウンドを、手軽にダイナミックに聞ける点だと思います。

充電式なので、いろいろなところに持ち運びも可能です。

iPhoneやWindowsPC、AndroidからPS Vitaのようなゲーム機まで、いろんな機器で試してみましたが、接続も簡単にでき、多様な楽しみ方ができました。

サイズも、20cm以下のコンパクトなもので、場所を取らず、使わない時の収納にも困りません。

Bluetooth4.0対応なので、購入の際は、接続する機器が対応しているかどうかを確認したほうがいいかもしれません。

今回テストをしていませんが、有線で直接接続も可能です。

とにかく、使ってみて楽しい、そんな機器が、Bluetoothスピーカー「BP2002」です!!

バナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

PR



こちらの記事もおすすめです!!


カテゴリー: アクセサリ   パーマリンク