CPUを取り付ける

いよいよパソコンの組み立てに入ろうと思います。
まず1番初めに取り付けるのはCPU。下の写真のような場所に取り付けます。

CPUソケットレバーを立てて、CPUを取り付ける準備をします。ソケットレバーは1度下に押し込んで、少し右にずらしながら上へと引き上げます。

次に、CPUを見てみましょう。CPUを見ると、角の1つだけ三角が付いているのがわかると思います。

裏を見るとそこだけピンが1部かけています。

マザーボードも一緒に見てみましょう。マザーボードも1つだけ他の角と違い穴が少ない角があります。CPUのピンの少ない角と、マザーボードの穴の少ない角を合わせてCPUを取り付けて見ましょう。

ぴったりとはまりました。この角を合わせないとCPUを取り付けることができないので、それぞれの角を確かめて間違えないように取り付け、ソケットレバーを下ろしましょう。

これでCPUの取り付けは完了です。

確認しよう!!

@

CPUはきちんと取り付けられましたか。1部がダイから浮いている状態で取り付けてしまうと正常に動作しないので、CPUをダイの上に載せた後、横から見てCPUが浮いている部分が無いかを確認しましょう。

A

CPUの裏側はICのピンがむき出しになっているので、直接触らないでCPUの横から摘まむように持ちましょう。

<<使用目的から考える ページトップ▲ CPUクーラーの取り付け>>