CPUクーラーを取り付ける

CPUを取り付けた後は、CPUを冷やすためのクーラーを取り付けなければなりません。これがCPUクーラーです。

CPUの上から、CPUクーラーを取り付けます。

CPUクーラーをCPUの上に置きました。

横に回ってみるとCPUクーラーには固定するためのツメが、マザーボード側にはつめをはめ込むための穴が付いているのがわかります。

これが4箇所あるので、それぞれのツメをしっかりと外れないようにはめ込みます。

今度は上に回ってみましょう。まだ、レバーが倒されていないので、手で触ってみるとグラグラしていてしっかりと固定されていません。レバーを倒してみましょう。

これでしっかりと固定されました。

最後に、CPUクーラーの電源コネクタをはめましょう。マザーボード上にCPUクーラー用の電源の差込口があるので、探してください。

接続完了。これを忘れるとCPUクーラーは動かないので、注意してください。

これで、CPUクーラーの取り付けは終わりました。

確認しよう!!

@

新品のCPUクーラーには裏にグリスが付いていて、これがCPUの冷却効率を上げてくれていますが、一度使用してクーラーを外してしまうと、もう一度グリスを塗りなおす必要があります。その時は、パソコンパーツショップでグリスを買って自分で付け直しましょう。付け方は、グリスを程よくつけて(あまり付けすぎると逆効果です。)プラスチックの板などで、薄く広げてあげてください。

A

CPUクーラーの電源コネクタを忘れずに接続しましたか?これを忘れるとCPUがオーバーヒートしてエラーメッセージが表示されてしますので、忘れずに接続しておきましょう。

<<CPUの取り付け ページトップ▲ メモリの取り付け>>