ついにNBAの2018-19シーズンが始まりました

ついにNBAの2018-19レギュラーシーズンが始まりました。

そして、本日行われた開幕戦のウォリアーズ対サンダー戦を見ました。

試合前には、昨シーズンのチャンピオンリングの授与式が行われるなど、開幕戦ならではのセレモニーも行われていました。

試合開始前にまず分かったのは、サンダーのウェストブルックは膝の術後のため、欠場とのことです。

試合の方は、第3クォーターが終わった時点でウォリアーズが83-79でリード。

第4クォーターも終盤になってきて、ウォリアーズがわずかにリードする展開。

じわじわとサンダーが差を詰めようとしましたが、ウォリアーズもカリーの3ポイントプレーなどで差を縮めさせない。

その後も、グリーンの粘り強いプレーなどもあり、結果は108-100でウォリアーズが初戦を白星で飾りました。

さらに、今年はビッグニュースがあり、渡辺雄太選手が日本人2人目のNBAの試合出場目前というところまで来ています。

今年もNBAは楽しみ満載です。